個室待機の風俗求人が人気

全国各地に急増しているデリヘルですが、そのプレイはラブホテルで行われます。店舗型ヘルスはお店にプレイルームがありますので、そこでプレイをするだけでなく待機部屋としても使われています。しかし、デリヘルはプレイルームがありませんので、デリヘルの用意した待機部屋で待機をするもの。指名を待つ間は待機部屋で過ごさなければなりませんので、待機部屋の環境は非常に重要なのです。

これまでのデリヘルでは集団待機と呼ばれるシステムが主流でした。集団待機とは出勤している女性の全員が広い部屋に一斉に待機をするもので、周囲の女性に気を遣う必要があったのです。そのため、待機部屋の雰囲気に馴染めずに苦労する女性もいました。さらに、待機部屋が苦手であることから退店してしまうケースもあったのです。

そこで登場したのが個室待機室で、現在の待機室の多くは、個室になっています。一人ずつに待機室が与えられているため、周囲に気を遣う必要がありません。この個室はカーテンやパーティションで仕切られた空間で、ネットカフェのブースのようなデザインです。そして、個室内では騒音など周囲に迷惑をかけなければ何をしても問題ありません。そのため、仮眠をとる女性も多く見られます。

個室待機は風俗求人選びのひとつのポイントですが、それ以外にも待機部屋の環境で注意すべきポイントがあります。こちらではそのポイントについて紹介いたしますので参考にしてください。